The “Gosamaru Chronicle” presents the various aspects of Ryukyuan history by highlighting Gosamaru who lived in the 15th century as Nakagusuku aji and is a prominent figure in the history of the Ryukyu Kingdom from the Sanzan period. The movie reveals Gosamaru’s true personality and is about the man who has been called a “leader of faith” and a “genius of fortification.”

第二十話 護佐丸の墓は、沖縄で最も古いとされる亀甲墓で近世琉球においてその功績が再評価されて王府の命によりつくられました。このことからも、護佐丸の偉大な功績を偲ぶことができます。

Gosamaru Chronicle Episode 20 Gosamaru and His Tomb

第十九話 「護佐丸・阿麻和利の乱」の後の世、護佐丸の配下や子孫がどのように生きていたのかにスポットをあてます。護佐丸の残した功績の大きさを改めて知ることができます。

Gosamaru Chronicle Episode 19 Gosamaru and His Family

第十八話 琉球史最大のミステリーと言われる「護佐丸・阿麻和利の乱」後編です。追い詰められた護佐丸のとった行動と、この事件が後の琉球史にもスポットをあてます。

Gosamaru Chronicle Episode 18 The Gosamaru-Amawari Disturbance-- 3

第十七話 琉球史最大のミステリーと言われる「護佐丸・阿麻和利の乱」の中編。文献などに記された史実もなぞりながら、この事件を描いていきます。

Gosamaru Chronicle Episode 17 The Gosamaru-Amawari Disturbance-- 2

第十六話 琉球史最大のミステリーとされる「護佐丸阿麻和利の乱」にスポットをあて前編です。中城、勝連、首里において様々な人間模様がうごめきます。

Gosamaru Chronicle Episode 16 The Gosamaru-Amawari Disturbance-- 1

第十五話 琉球の大交易時代にスポットをあてながら、琉球の当時の情勢に触れていきます。琉球史最大のミステリーとも言われる「護佐丸阿麻和利の乱」の布石とも言える回です。

Gosamaru Chronicle Episode 15 Nakagusuku and the Great Trade Period

第十四話 勝連の按司・阿麻和利にもスポットがあたります。当時勢いのあった阿麻和利。護佐丸はその監視のために中城城へ移封されたと言われています。

Gosamaru Chronicle Episode 14 The Aji Preparing for Battle

第十三話 日本に鉄砲が伝来するよりおよそ百年早く、琉球には鉄砲の元となった火器が中国より伝わっていました。当時の琉球では「ヒヤー」と呼ばれていたそうです。さてどのように使用されていたのでしょうか。

Gosamaru Chronicle Episode13 Hiyaa

第十二話 護佐丸は、琉球の戦国時代とも言われる三山時代より、第一尚家につかえ、激動の世相とともに結果、第一尚氏五代に使えることとなりました。

Gosamaru Chronicle Episode 12 Serving the Successive Line of the Royal Shō Family

第十一話「グスク神おはすところ」 沖縄には御嶽(うたき)と呼ばれる聖域があります。中城グスクには御嶽点在しています。城主護佐丸もそこで何かを祈っていたのかもしれません。

Gosamaru Chronicle Episode 11 Where the Castle Gods Live

第十話「三山統一と護佐丸 その2」 沖縄が「三山」と言われた、三つの勢力に分かれていた時代のエピソード。躍動する若き日の護佐丸、尚巴志の策略により今帰仁城はついに落城します。

Gosamaru Chronicle Episode 10 The Unification of the Three Kingdoms and Gosamaru②

第九話 沖縄が「三山」と言われた、三つの勢力に分かれていた時代のエピソード。若き日の護佐丸は尚巴志の信頼を受け戦において重要な役を任せられます。

Gosamaru Chronicle Episode 9 The Unification of the Three Kingdoms and Gosamaru ①

第八話 護佐丸の優れた築城技術の中でも現代にも通じる「平面アーチ構造」を採用している点にせまります。

Gosamaru Chronicle Episode 8 The Philosophy of Fortification and Ramparts – Part 3

第七話 築城するには条件の悪い場所に見事築城した護佐丸の技術にせまります。その工夫には目を見張るものがあります。

Gosamaru Chronicle Episode 07 The Philosophy of Fortification and Ramparts – Part 2

第六話 黒船来航知られるペリー艦隊が記した「ペリー艦隊日本遠征記」にあるエピソードも交え、護佐丸の築城技術に迫ります。

Gosamaru Chronicle Episode 06 The Philosophy of Fortification and Ramparts -- Part 1

第五話「築城哲学とアーチ門 その2」 護佐丸の卓越した築城技術、現代建築におけるノウハウにも通じる。曲面を見事に生かした構築美には目を見張るものがある。

Gosamaru Chronicle (English subtitles ver) Episode 05 The Philosophy of Fortification and the Arch Gate-- Part 2

第四話「築城哲学とアーチ門 その1」 護佐丸の卓越した築城技術、中でもアーチ門について古代ギリシャ時代にまで遡り、それを考察します。

Gosamaru Chronicle Episode 4 The Philosophy of Fortification and the Arch Gate -- Part 1

第三話「山田グスクのなわばり」 護佐丸が生まれ育った恩納村山田グスクの貴重な映像から、護佐丸一族に想いを馳せます。

Gosamaru Chronicle (English subtitles ver) Episode 03 The Yamada Castle Territory

第二話「護佐丸のルーツ」 若き護佐丸のルーツに迫りつつ、今帰仁城跡を通して三山時代を振り返ります。

Gosamaru Chronicle (English subtitles ver) Episode 2 The Roots of Gosamaru

第一話「毛氏先祖由来記」 琉球の戦国時代といわれる三山時代を果敢に生きた護佐丸のイントロダクション。

Gosamaru Chronicle (English subtitles ver) Episode 01 The Ancestral Origin of the Mōuji Family

映像タイトル

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

映像タイトル

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

映像タイトル

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

シリーズ

The Gosamaru Chronicle:The booklet

The life of Nakagusuku aji, Gosamaru, from his birth to his last years is described in this booklet along with the historical background, timelines of Japan and the world, and a relationship map of the people around Gosamaru. Whenever one discusses Gosamaru, it is impossible to ignore “fortification” and the “Gosamaru-Amawari disturbance” which remains as the biggest mystery in the history of the Ryukyu Kingdom. By focusing on these topics, it reveals Gosamaru’s personality. In addition, it provides information on recommended historical sites and places for sight-seeing. The interview article about Mr. Kakazu Hitosa, a historian and folklorist who specializes in Ryukyu/Okinawa, is a must-read.

The Gosamaru Chronicle: The comic

It is a story based on the history of the “Gosamaru-Amawari disturbance” which is the biggest mystery in the Ryukyu Kingdom era. Gosamaru’s passion as Nakagusuku aji is brilliantly expressed by the dynamic touches in the drawings of an Okinawan cartoonist, Kina Yuzuka. The script was written by Kakazu Hitosa, a historian and folklorist who specializes in Ryukyu/Okinawa. His subtle interpretation of history and the storyline touches one’s heart.

The Gosamaru Dance

We dance with a song by “Ryuty,” a male-female pop duo representing Okinawa. Its choreography was composed by a famous choreographer unit called “airman,” and is so catchy and fun, and easy enough for men and women of all ages who want to try to dance. Please enjoy the dance with a group of friends, colleagues, or with your family. This would be perfect for entertainment at a party. Why don’t you give it a go?!