琉球王朝時代のキーマンとなる護佐丸

15世紀、琉球王国の成立に深く関わり、琉球王国戦乱の世を力強く生き抜きました。「忠義の将」、「築城の天才」とも言われ、数々の功績を残しています。また、琉球王朝時代最大の謎と伝えられている「護佐丸・阿麻和利の乱」の渦中の人物でもあり、琉球史を語るうえで欠くことのできない存在として今なお語り継がれています。

お知らせ

  • 2017年3月16日 護佐丸クロニクルWebサイトを公開しました。

護佐丸クロニクルは、毎週日曜日8:55よりOTVで地上波放送中!
護佐丸クロニクルWEBサイトでは放送後に随時upしていきます。

第十三話 日本に鉄砲が伝来するよりおよそ百年早く、琉球には鉄砲の元となった火器が中国より伝わっていました。当時の琉球では「ヒヤー」と呼ばれていたそうです。さてどのように使用されていたのでしょうか。

Gosamaru Chronicle Episode13 Hiyaa

第十二話 護佐丸は、琉球の戦国時代とも言われる三山時代より、第一尚家につかえ、激動の世相とともに結果、第一尚氏五代に使えることとなりました。

アクセス

お問い合わせ

中城村役場 企業立地・観光推進課
〒901-2493 沖縄県中頭郡中城村字当間176番地 
TEL(代表)098-895-2131